Experience nature in its purest from

ツアーに参加する際に、気になること「Q & A」

初めての屋久島で、いろいろわからないことや不安なことがあれば、早めに解決!楽しい旅のプランにお役立てください。

少人数制のツアーになってます。ツアーの種類によって催行する人数が変わります。

各ツアーによって催行する人数が変わってきます。山・森の日帰りツアーは6人まで、キャンプは5人まで、SUPは5人。詳しくは各ツアーに詳細が記載されているので、そこで確認をお願いします。
※1人でもツアーに参加できますので、ご安心ください。参加される方が他にもいた場合は料金も変わっていきますので、1人旅の方でも大歓迎です。

もちろんOKです!

屋久島で初めて登山、SUP(スタンドアップパドルボード)を始める方も多いようです。スタッフが歩き方や、漕ぎ方、道具の使い方など、丁寧に説明していきますので、お気軽に聞いてください。私たちのツアーに参加して、是非自然を好きになってほしいと思います。大自然の中で夜を過ごすキャンプツアーもおすすめです。こちらも初心者の方でもしっかりサポートさせていただきます。

宮之浦集落〜平内集落まで、送迎を行っております。

宮之浦集落(島の北東部)〜平内集落(島の南西部)に宿泊されているお客さまに関しては、お宿までの送迎を行っております。
それ以外の地区に宿泊されているお客さまは、集合場所まで公共交通機関もしくはレンタカーでの待ち合わせとなります。
※キャンプツアーにて縦走(入口と出口が変わる場合)されるお客さまには、別途タクシー代を頂いております。

季節ごとに楽しみ方があるので、すべての季節が対象となります。

人によって感じ方は千差万別なので、私の感覚で下記にまとめてます。
春:新緑の季節、屋久島は常緑の広葉樹の森が森林限界までを覆ってますので、春になると新芽がでます。里から森林限界まで色とりどりの森を楽しめます。4月頃には山桜が咲き乱れ、山頂からの景色はとても綺麗です。この季節から川でSUPも新緑を楽しみながらクルージングできるので、オススメです。
夏:川や海のアクティビティーが盛り上がる季節です。GREEN MOUNTでは、川でのSUPツアーや海でのシュノーケリングツアー、滝巡りをしながらマイナスイオンを浴びたりできます。トレッキングやキャンプなども、快適に楽しむことができます。泊まりは標高が1000メートルを超えるので、里より快適に過ごすことができます。
秋:夏の暑さが少し落ち着き、快適に遊べる時期です。山も川も、海も、本州からお越しの方でしたら、こちらは夏のようなイメージです。11月に入ると森は涼しく、常緑の森にチラホラと広葉樹が紅葉していきます。屋久島ならではの景色を楽しみください。
冬:人気も少なくなり、山には雪も積もってきます。屋久島に遊び慣れた人たちが、楽しみにしている季節です。空気も澄んでくるので、景色を見るには最適かもしれません。寒さ対策をして、普段見れない景色を思う存分楽しんでください。

雨を楽しんじゃえばOKです。

屋久島というと「雨」のイメージが定着してますが、もちろん1年中雨が降っているわけではありません。住んでいると実は晴れていることも多いのです。ただ、山間部は島の周囲に流れる暖流(黒潮)が、太陽に温められ水蒸気化して山にぶつかり、雨になることが多いことも事実です。ですので、雨の少ない季節を断定することは困難です。ただ、私たちは雨の日でもツアーは通常通り催行します。それは、しっかりした装備があれば、雨の日も楽しい旅となることを知っているからです。しっかりした装備で、思いっきり雨を楽しみましょう。

「大雨洪水警報」が出た場合は、ガイドツアーは中止となります。

通常の雨ならツアーは催行いたしますが、大雨、雷、台風などお客さまの安全を確保できない場合、ツアーは中止いたしますのでご安心ください。
※ツアーが催行される前でしたら、キャンセル料は発生いたしません。


はい!必要です。

縄文杉ツアーなど、出発時間が早い場合、歩き出しは日の出前になる場合がありますので、必ずお持ちください。
※何かの問題で帰りが遅くなる場合、暗くなるとヘッドライトがないと歩けなくなってしまいます。使わなかったとしても、山に持っていく標準装備となります。

足の負担を20%〜30%軽減してくれるスグレものです。

ストックは第三の足として、活用することができます。なくても問題ありませんが、あると下り坂や、重たい荷物を背負った場合でも、膝や腰にくる負担を軽減することができるので、かなり便利です。これも使い方を知らないと、邪魔になってしまうケースも多くあります。レンタル以外でしたら、事前に使って慣れておくことをお勧めします。

時と場合によります。

雨の日や、道がドロドロなところなどを歩く場合は便利なアイテムです。特に雨天時で使用すると、足元から靴に雨が流れてくることを防ぐことができます。ただ、履くと、足にさらにもう一枚生地をつけて歩きますので、夏場など末端から汗をかくところではお勧めしてません。

上下分かれているタイプをお持ちください。

屋久島の山間部は雨が降ることが多くあります。1枚のタイプですと、足を保護することができず、濡れてしまいますので、雨具は上下セパレートタイプをご用意ください。

突然の雨に対応できます。

雨が降ってくると、ザックの中身が濡れてしまいます。ザックカバーがあるとザックを覆うことができます。
しかし、これだけでは大雨には対応できません。そこで、ザック内の荷物はジップロックなどを使って、雨対策をしておくと良いと思います。


大丈夫です。しっかりサポートします。

屋久島では、初めてキャンプされる方も多くいらっしゃいます。わからないことだらけで、不安も多いかと思いますが、安心して起こしください。ご予約時に不安なことや、知っておきたいことなどありましたら、備考欄にコメントください。
※縦走の場合はかなり体力を消耗いたしますので、初心者の方にはお勧めしておりません。

事前の準備をお願いしてます

キャンプの場合、ザックが重くなるので、慣れてない方ですと体力をかなり消耗します。レンタルなどの場合は、ザックを背負うのが、当日になってしまいます。そこで体力的な部分と部分的な箇所のトレーニングをお願いしてます。屋久島のキャンプツアーになるとだいたい8〜10時間程度歩くこともあります。山道を想定して階段の上り下りなどを利用し、日々の積み重ねをお願いします。
それと、腰、膝の負担を軽減するために、スクワットもお勧めです。

40L以上のザックをご用意ください

屋久島の山間部は、通常の小屋とは違い避難小屋になりますので、シェラフ、マットなども持っていかなければなりません。
そのため40L以上のザックをご用意いただいてます。
それと、食事を皆さんと分担して持ちますので、ティッシュ箱2箱分程度の隙間を作っていただきます。
重さは平均ですが、8kg前後となります。


大丈夫です

見た目より浮力があり、かなり安定しています。今まで立てなかったお客さんはいませんでした。
SUPは非常に自由度の高いアクティビティーです、立っても座っても漕いでも、寝ても、そして飛び込んでもなんでもOKです。
思いっきり屋久島の大自然を感じながら楽しみましょう。

しっかりサポートします

ボードのこと、パドルのこと、リーシュのこと、水に落ちてしまったら、などなどスタッフがしっかりサポートします。バランス感覚が必要なスポーツですので、慣れてくるといろいろなスポーツに役立ちます。ですので、いろいろ大丈夫です。

ライフジャケットを着用します

泳げない方の最大の怖さは、水に落ちてしまった時に溺れてしまうのでは?という不安感からくることが多いです。GREEN MOUNTではSUPツアーでは、すべての参加者にライフジャケットを装着してもらいます。もし水の中に落ちても、ライフジャケットが浮いてくれるので、水で溺れることはありません。安心してご参加ください。

団体の方もサポートしてます。

他のガイド会社と団体ツアーに関しては、業務提携しておりますので、15人程度まで対応できます。それ以上の場合でしたら、午前・午後と時間を分けて対応させていただきます。

できます。

GREEN MOUNTはサーフィン・SUP取り扱い店「Essence Sports」とも業務提携を行っておりますので、ご注文は可能です。
さらにEssence SportsさんがSUPサーフィンなどもツアーできますので、お気軽にご相談ください。